住みやすい家にするために様々なリフォームや工事を行なっていく

オフィスのロビー

工事を行う

こんな事はないだろうか、夏になるとエアコンの調子が悪くなり、修理ではなく買い替えになりプラスアルファの工事費が加算され、大きな失費になった。また、引越しでエアコンをどうするかになり、結局業者に依頼しエアコン移設の費用が結構かかるなどである。このエアコンの移設は以外と高くつく費用の一つであるが、毎回の事ながらこのエアコン工事の費用を何とかする事は可能なのだろうか。答えから言えば可能である。複雑そうに見えるこのエアコン工事は一つ一つ行っていけばそれほど難しくない工事の一つである。また、このエアコン工事は資格がなくてもできる工事で、条件さえ整っていれば、少しの道具と100均で購入する事ができる材料で行う事ができる工事なのである。

前述の中でも述べたように、このエアコン工事は自分でできる工事の一つである。では、今回はそのやり方を説明しよう。まず、確認事項から行う事にする。最初にエアコンの穴が開いているかを確認する。また、コンセントが近くにあるかを確認する。更に、室外機はすぐ真下に置く事ができ、外の穴から2.5メートル以下ならまず大丈夫だといえる。それで、後は室外機のつけるために、石膏ボード用のアンカーとエアコン工事の配管や電線やドレンホースなどの標準キットが、ホームセンターで購入できるので調達する。これで、ほぼ準備はOKといえる。以上の条件が整っていれば特殊な工事にはならないので、自分でもできるといえる。肝心の取り付けの仕方だが、以外と知られてないが取り扱い説明書やエアコンの本体が入っていたダンボールに記入してある事が殆どなので、それをみて工事する。更にインターネットで検索すれば、誰にでもできるような解説が記載され、それを見ながら工事が行えるだろう。もちろんこの工事は自己責任で行う事になるが、興味のある方は、是非チャレンジしてみるのはいかがだろうか。